JavaScriptのif文

2021-06-10

Paiza JavaScript入門編2
if文による条件分岐

基本の形
var number = 1;
if (number == 1){ if (条件式){ {波括弧を忘れないように ==(2つ)
console.log(“○"); 条件式が成立した時の処理
} else { } { 波括弧を忘れないように
console.log(“×"); 条件式が成立しなかったときの処理
} } {波括弧を忘れないように

これで var number = 1; にすると (number(1) == 1 ) なので ○(一致)が、
var number = 2; にすると (number(2) == 1 ) なので ×(不一致)が表示される という事かな?

==(=2つ)・・・左辺と右辺が等しかったら、という意味。
=(代入)と区別する為。