営業以外でも使える「仕事のコツ10選」

営業以外でも使える「仕事のコツ10選」まとめてみました。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」より、
ASD特有の「相手の事(言葉の裏、感情)が分からない」「本質を理解する」上で覚えておきたいことをまとめました。
自分なりの抽出なので、興味がある方は本を読んでいただいた方が良いかもしれません。

1、アポイントの曜日と時間で真剣度が分かる
月曜日と金曜日のアポイントは真剣!
11時,13時半,16時のアポイントは軽視されている
午後(できれば15時以降)は、じっくり考えたい。ゆっくり話が聴きたい時にオススメ

2、名刺に携帯番号が書いてあれば責任感の表れ

3、A4用紙1枚に収めるようにすると余分な内容はなくなる
5W1H+重要なキーワードを最初に書き出す (ASDにとって重要かも) 
簡易議事録を送ることで理解が一致してるか確認ができる

4、自腹で自社製品を買うとシビアに分析するようになる
商品価値を疑うようになる
改善点が見えたりもする

5、相手の座る位置で信頼を置く人が誰か判断する
真正面に座れば信頼度は高い
離れた席や斜め向かいに座ったりする場合はあまり信用させていない(※感染予防を除く)

6、具体的な例を挙げて話を確認するようにする
具体例がお互いのイメージのズレをなくす (ASDにとってかなり重要かも)

7、見送りまでの数秒間で相手の本音を聞き出す
商談や打ち合わせ後は本音が出やすい
事前に何を聞くか考えておく

8、他人の意見の引用はその人が主張をしたいことのサイン
同意しているからこそ引用する
他人のせいにしたいだけ
引用はよく思われたい人と自信がない人に多い

9、明確に答えない部分から相手の心理がわかる
相手が不利になる情報は隠したがる
深入りされたくない時も曖昧になる
様々な手段で真実を見出す努力をする

10、3回足を運べば本音が出てくる
訪問の理由は作る
一回二回で本音は出ないと考える

個人的に3と6がASD(アスペルガー)にとって重要そうだなと思いました。
HSPもある人は4をすると課題や改善点が見えそうですね。

今回は、「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」を読み、自分が覚えておきたいと思ったことだけを抽出しました。
沢山コツが書かれていますので、気になった方は読んでみてはいかがでしょう。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ (たった1%のコツシリーズ) [ 河野 英太郎 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/9/2時点)楽天で購入